基礎化粧品事変

洗顔石鹸の使用方法と管理方法

洗顔石鹸は、肌に優しい成分が入った石鹸です。

 

洗顔クリームも良く利用されますが、泡立ち効果を良くしたり、なめらから手触りを実現するために、添加剤が入っている場合もあります。肌には心地よいかも知れませんが、皮膚トラブルを招く可能性があるため、できる限り避けた方が無難です。

 

それに対し洗顔石鹸は、成分そのもので出来ているため、肌に馴染みやすく肌とも相性が良いです。天然オイルが配合されている洗顔石鹸であれば、自然治癒力で肌質を改善する効果も期待できます。肌質には、敏感肌・乾燥肌・混合肌とあります。

 

洗顔石鹸を選ぶ際は、自分がどのタイプの肌質なのかよく理解し、最適な石鹸と出会う事も大切です。皮膚に合わないタイプを長期間使用していると、思わぬ皮膚トラブルを招く場合もあります。新しく洗顔石鹸を使用する時は、まず腕や脚に塗って試します。

 

しばらく放置し、赤みやかゆみがなければ肌に合うと言う事なので、顔に使用しても大丈夫です。洗顔石鹸は成分だけでなく、正しい使い方も重要です。正しい使い方とは、肌に優しい使い方をさします。石鹸を肌につける時は、十分に泡立てる必要があります。

 

しかし石鹸は、それだけでは泡立たないため、道具を使用し泡立てます。そのための道具とは、洗顔ネットです。洗顔ネットは、細かい網目になっているため、キメ細かい泡を作る事ができます。

 

手のひらいっぱいの泡が出来るため、顔にたっぷりと使用できます。顔につける際は、肌をゴシゴシとこするのではなく、優しく乗せるように使用します。たっぷりの泡が毛穴一つ一つに吸着し、汚れを落とします。毛穴の詰まりは、黒いブツブツや吹き出物の原因にもなるため、洗顔は重要な役割を果たします。

 

洗顔後の洗濯石鹸は、浴室に置いたままにせず、毎回浴室の外へ出します。そうする事で、石鹸を清潔に保つ事ができます。また使用した洗顔ネットも定期的に洗濯する事で、ネットにくっ付いた汚れを落とします。

 

基礎化粧品の中でも洗顔はここ数年ブームになるほど注目されています。